2018
 
伊勢駅伝に出場
同窓会が応援団を派遣

 2018年11月4日(日)、第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会(伊勢駅伝)に我が母校陸上競技部は2年振り、22回目の出場を果たし、熱田神宮から伊勢神宮までのコース8区間、106,8kmを走破しました。成績は残念ながら22位でした。

 当日、朝7時、13人の同窓生を乗せた応援バスは大学を出発、現地には10時頃到着しましたが、あいにくの雨模様。その中、農業屋(社長:竹内秀樹三重支部副支部長)津市河芸町店に駐車して、5区中継所に体育会旗を張り、個々には雨合羽を着て幟を持って応援。次の8区へ移動後には雨も上がり、内宮ゴール前の参道で体育会旗と、10本の幟を持って選手に大きな声援を送りました。

 競技終了後にはコ永学長より選手に対し慰労の言葉をいただき、故・鶴谷監督夫人も加わり全員による集合写真を撮影しました。その後、応援バスは7名の陸上競技部学生を乗せ無事帰阪しました。

 陸上競技部は健闘及ばずでしたが、来年も練習を重ねて出場してくれることを同窓会は期待しています。

 参加の皆様、雨の中応援いただき、ありがとうございました。

事務局参与 竹中 亨(32回)

写真