2014
 
2016年度パソコン教室を終えて
「挑戦」 挑むことを諦めない

 皆様の御協力の下、2016年度パソコン教室を開催させていただくことができました。スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

 パソコン教室は学生が運営し、同窓会員並びに後援会員の皆様にパソコンの知識を提供する場であり、現在の大阪経済大学の現状を知っていただく場でもあります。

 2016年のパソコン教室のテーマは、受講者様もスタッフもこの教室を通じて何かに挑む勇気を持ってほしいと願い、「挑戦」とさせていただきました。私の周りには、何かを諦めている人がたくさんいます。ダイエットを諦めた同級生、厳しいからと部活動を諦めた後輩、そして、難しいからとインターネットの利用を諦めた祖母がいました。祖母は、新しいもの好きでどんなことにでも興味関心を抱き、笑ってやってみせる元気な80歳です。ですが、スマートフォンが普及した時だけは、「機械が分からないから」といって、拒んできました。「もう年だから」、と祖母の口から零(こぼ)れたときはひどく悲しかったことを覚えています。そこで今一度、祖母にも、祖母と同じ様な想いを持っている方にも、「挑む勇気は年齢など関係ない」ということを伝えたく、このパソコン教室を運営してきました。

 思ったよりも準備は大変であり、仲間との連携はとれず、何度も何度も挫(くじ)けて辞めてやろうかと泣いた日もありました。しかし、ここで私が諦めると「挑戦」した意味がないと気づき、自分を叱咤しながらなんとか開催させていただくことができました。背中を押してついてきてくれたスタッフはもちろん、同窓会事務局、同窓会・後援会員の皆様、教務課、総務課、学生課、管財課、広報課、情報処理センター、守衛室の皆さまの協力があったからこそ、無事にパソコン教室を終えることができました。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

 本番では至らない部分もありましたが、受講者皆様が温かく見守ってくださったので、私たち学生スタッフも楽しく講義を行えました。私自身はあまり授業に参加することができませんでしたが、多くの方が「代表さん、今年もありがとう」と伝えに来てくださり、今までの努力が報われた気がしました。

 今回の教室で、私は何段もの階段を昇れたように思えます。私を成長させてくださった皆様に、心より感謝申し上げます。来年度はよりパワーアップしたパソコン教室を開催できるよう、学生スタッフも頑張りますので、来年もぜひご参加ください!

 本当にありがとうございました。

実行委員長 北林麗奈(情報社会学部情報社会学科4回生)

写真