2014
 
大樟会から新入生へのメッセージを学内の掲示板にて掲出
新入生の皆さんへ 「つながる力」
写真

 皆さん、ご入学おめでとうございます。

 大阪経済大学大樟会とは、本学の同窓会の正式名称です。現在、本学のB館とJ館の間に聳えるクスノキ(大樟)は、学歌の一節にも登場するように本学のシンボルとも言えるものです。

 昭和10年12月、会員相互の親睦を図るとともに、母校の発展に寄与することを目的として創設された同窓会(現在の大樟会)は、本年3月、正会員数(卒業者数)が約9万2千人となり、間もなく10万人に達しようとしています。そして、本年12月には大樟会の前身である同窓会が創設され80周年を迎えます。現在、全国各地に51支部のほか、各種部会・職域会、同期会、クラブOB会等が活動を続けています。

 言うまでもなく、社会は人と人のつながりで成り立っています。大樟会の会員の年齢幅は実に22歳から100歳にまで及んでいます。大樟会は世代を越えた卒業生のつながりを大切にしたいと考えています。そして、従来の縦割りを基本とした伝統的運営から、全国各地の地域支部、各種団体、職域、学部、同期、クラブ、ゼミ単位の集い等々、これまで以上に縦・横・斜めの多様なつながりにも力を入れていかなければならないと考えています。

 さて、新入生の皆さん方は、いよいよこれからが人生の本番を迎えます。そして本学へ入学と同時に大樟会の学生会員となりました。在学中はもちろん、卒業してからも長いお付き合いが続きます。すでに、社会では、様々な分野で、全国の津々浦々で9万人を超える皆さん方の先輩達が見守っています。大樟会の「つながる力」を最大限に発揮して、これからの人生を有意義に過ごしましょう。

 皆さん方のご今後の健闘を心から祈ります。


大樟会(同窓会)Profile

 本会は、大阪経済大学大樟会と称し、開学以来、平成24年には、80周年という節目を迎えた伝統ある母校の歴史と共に発展・充実を遂げ、現在約9万3千名の会員を有し、会員は各界・各地で目覚しい活躍をしております。

 会員相互の融和・親睦を図ることと母校への支援・連携を図ることが主たる目的です。会員は正会員(本学卒業生)、学生会員(在学生)、特別会員(本学教職員並びに本会に特別の関係ありと認め、常務理事会にて議を経て会長が承認した者)からなり、毎年秋には、会員が全国から集い、賑やかに楽しい大樟会総会を開催しています。

 平成27年3月末現在、全国51支部があり地域色豊かな支部総会が開催されています
(北海道、東京、静岡、富山、石川、福井、愛知、岐阜、滋賀、京都、三重、和歌山、奈良、大阪市、大阪市役所、北大阪、北摂、北河内、豊中、池田、箕面・豊能、堺、泉南、尼崎、伊丹、川西・川辺、阪神、神戸、丹有、東播磨、但馬、姫路、明石、北播磨、淡路島、岡山、津山、備後、広島、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、徳島、高知、北九州、熊本、大分、宮崎、南九州)。さらに、大学院を修了した者は「大学院大樟会」、実業界で活躍している会員を中心に結成された「大樟春秋会」、体育会OB会で組織された「大樟体育会」、教職に就いておられる会員の「大樟教育研究会」、公認会計士・税理士による「税理士大樟会」、社労士による「社労士大樟会」と職域会としては「池田泉州銀行経友会」、「日立大樟会」等の団体があり、ゼミOB会・クラブOB会・同期会もそれぞれが活発な活動を行っています。

 年1回発行の情報誌「澱江」、年2回発行KEIDAI DAYSの中の「大樟会だより」や「同窓会ホームページ」により本会の活動状況や母校の近況を全国の会員にお知らせしております。
http://www.osaka-ue-denko.com/