2014
 
本学の卒業生が9万人を超える
2013年度卒業式・学位授与式1537名が巣立つ

 2013年度卒業式・学位授与式が、2014年3月14日(金)、70周年記念館フレァホールで開かれた。今年の卒業生は経済学部592名、経営学部448名、経営情報学部257名、人間科学部198名、大学院4研究科42名の合計1537名。この結果、本学卒業生は9万人を超え、今回の卒業生は80回卒となる。式は午前と午後の分け挙行された。会場には期待と不安いっぱいの卒業生に混じって父母の方々も多数来られ、晴れて卒業したわが子の姿に喜びをかみしめておられた。

 吹奏学部、グリークラブがはなむけの演奏、合唱をしたのち各総代に卒業証書と学位記さらに黒正巌賞が贈られ、受賞者は感謝の言葉を述べた。

写真

「お陰さまで」の気持ちを…徳永学長

写真

 初めに式辞を述べた徳永光俊学長は「皆さんは今日から社会人として新たなスタートをされます。ぜひ先輩からのバトンを受け継ぎ、経大を卒業したというプライドを持って生きて欲しい。正岡子規は34才で他界しましたが、子規は信じる道を真っ直ぐに歩いた人生を送りました。皆さんも青春の志をもって、自分だけの夢を見つけそれを追いかけて欲しい。4年間で学んだことを振り返る中で、本学創始者黒正巌先生の「道理は天地を貫く」を今後の人生の根本にして欲しい。最後に"お陰様で"という言葉を贈ります。自分はみんなのお陰で生きているんや、ということです。家に帰られたら、まずお父さん、お母さんに卒業証書を見せ「お陰さまで卒業できました。ありがとうございました」とお礼を言ってください。この4年間、大経大ファミリーとして一緒にやってくれたこと感謝します。母校を第2の故郷と思い、誇りを持って進んでください」

健康、人との縁、そして働く…勝田理事長

写真

 勝田泰久理事長は3つの言葉を贈りたいと述べ「一つは心身ともに健康であれ、ということです。社会にでて不慣れな仕事、人間関係の難しさには健康でなければ打ち勝つ強いものがでてきません。私も健康で挫折した人々を何人も見てきました。まず健康であって欲しい。二つ目は、人とのつながり、縁を大切にして欲しい。社会に出ればいろんな人との出会いがあり、厳しいこともあります。またグローバル化の今、日本人だけではなく世界各国の、とりわけ近隣諸国の人々とのつながり大事にして欲しい。最後は、世のため人のために働くということです。日本は今、改めて"おもてなし"だけではなく、モノづくりは世界の評価は非常に高い。皆さんはそれを支える人として自分のため家族のために働くことがやがて会社のため世のためになっていく。貴方が必要という企業に入ったのだから、職種や希望が違っても頑張って欲しい。本学はこれから90〜100周年に向かっていきます。後輩も沢山入ってきます。そんな中、大学にとって一番の資産というのは、世の中での卒業生の活躍であります。あなた方の活躍が大阪経済大学の名声をあげます。 どうか活躍をされながら、母校の発展を応援していただきたい」

小さな約束も必ず守る…佐藤大樟会々長

写真

 佐藤武司大樟会々長は「私は50年前に卒業しました。当時は1学部しかなく、中に経済と経営学科に分かれておりました。学生数も1学年450人位で今とは想像もできません。この間、80周年に至るまで多くの先輩が本学を育ててきました。同時にキャンパス整備も完了いたしました。
 今日卒業された皆さんは同窓会「大樟会」の会員になられたわけです。今日から社会人となられる皆さんに先輩としていくつかお願いを申します。1つは、人から信用されることです。むしろ、人から信用される人になれ、ということです。人から信用を得るということは、どんな小さな約束もまず守るということです。そしてそれを続けることです。社会に出ると多くの人と接し、人間関係も複雑となります。そんな時、信用があると大きな力となります。2つ目は意識改革をしてプロ意識を持つことです。会社に出ればあなた方は"プロ"です。会社から給料を貰うわけですから、会社に利益をもたらさなくてはなりません。会社は儲けることを目的としております。まさに競争社会に入ったわけですから、与えられた仕事に一生懸命に取り組んでください。そして常に"笑顔"を持ってほしい。相手からニッコリされるといやな気はしません。そして"大経大"という看板を背負って生きて行く訳ですから誇りを持ってください。
 最後に今日から皆さんは大樟会という同窓会の正会員となられました。同窓会は学生への応援や大学への支援、会員同士の親睦を図っています。全国に地域支部を設け北は北海道から南は鹿児島まで50支部を数えます。さらに中国・上海にも支部があり、各支部は年1回総会を開催しています。どうか出席してください。先輩たちが温かく迎えてくれます。また年1回、11月3日は母校で大樟会総会を開きます。全国から会員が集まってきます。同期の友人にも会えます。こちらにもお顔をお見せください。どうか大きな夢を持ち「青年よ 大志をいだけ」そして「大きな希望と夢を持って進め」をはなむけに贈ります。

 最後は卒業生の答辞の後、参列者全員で学歌斉唱があり無事終了した。

写真
式後、”晴れ姿を記念に”と女子学生さん

広報部長  平田 義行