2018
 
2018年度
寄稿原稿特集

下記記事一覧をクリックすると表示いたします。

 

2018年ラグビー部 激励会開催

ラグビー部OB会

 平成30年9月2日(日)、本学E館7階においてラグビー部の今年度激励会が父母会の主催で開催された。

 1部では春シーズンの振返りや夏合宿迄の取組みと成果の報告があった。春からチーム作りに苦労があったが夏合宿時にはチームがまとまった。数名の怪我人がいるが中田主将から公式戦迄にベストメンバーで臨めるよう、今期リーグ戦の目標を5位とする決意表明がされた。

 今期OB会からの施策としてNZ短期留学制度の概要説明があり、留学者に1人10万円を支援する要綱が決定した。10月末の応募者に対して複数の希望者が出た場合は指導陣と協議して3名まで支援する。

 2部の懇親会では織戸監督から全部員が紹介をされ、一人ずつ今期の抱負と決意を述べた。4月から1年生女子MG5名が加わり、部員へのサポートが充実することで活性化に繋がり、部員一丸となって目標を達成していただきたい。

 OB会長角谷正継氏(昭和49年卒)の開会挨拶から始まり岡田孝二氏(昭和43年卒)の激励の言葉まで、諸先輩の言葉に現役部員も真剣に聞き入っていた。

幹事長 森岡 良介(45回)

写真

写真

写真

写真

 

NZ留学支援活動を承認

ラグビー部OB会

 猛暑の7月15日(日)本学E館において平成30年度OB総会を開催しました。次年度の役員については部員と交流が図れる日時を考慮して開催する趣旨から前年どおりとなりました。また、昨年2月から学内の「教育振興募金」を通じラグビー部の活動支援目的での募金集計はOB諸氏から20件、138万円となりました。

 その他、ラグビー部員にNZ短期留学の希望者を募って支援活動をする提案がなされ、総会において承認されました。1〜3週間の短い滞在期間ですが、部員のモチベーションアップならびに部員獲得に繋がることを目的とします。

 今回出席者25名の中で坂本裕史氏(43回卒)、野上友一氏(50回卒)が初参加で、野上氏は常翔学園高校ラグビー部監督として全国高校ラグビーの名指導者として活躍され、坂本氏も同高ラグビー部OB会長としてご尽力された本学OBです。これからもお二人から助言、アドバイスをいただいて、更なるOB会の絆を広げていきたいと思います。

 懇親会の乾杯発声は大先輩の常深俊昭氏(23回卒)でした。最後は全員で学歌斉唱を行い、和やかな雰囲気の中、閉会となりました。

幹事長 森岡 良介(45回)

写真

写真

写真