2018
 
2018年度
寄稿原稿特集

下記記事一覧をクリックすると表示いたします。

 

第8回「とりあえず34期会」開催報告

とりあえず34期会

 34期生の皆さんお元気ですか!平成30年10月27日(土)、「とりあえず34期会」を開催、昨年、初の奥様同伴となったKさんご夫婦を合わせて19名が参加してくれました。

 今年も恒例に従い物故者の報告があり、一同黙祷を捧げ、会議に入りました。これまで皆勤の藤本理事長が急用のため欠席、与世田世話人代表より開催挨拶がありました。

 昨年度の課題である「会費の繰越金の使途」について、世話人より「今、生徒が困っていることは、強いクラブが勝ち進んでいくほど、試合の会場が全国区になって交通費の捻出に監督以下生徒が窮迫している状況です。学校側も予算に厳しく、補欠の選手を地元に残して参加している状況である。この現状に鑑み、34期生一同として金額の多少にかかわらず、大学の『スポーツ振興基金』に『全クラブの補助金として寄付したい』と提案され、全員賛成で承認されました。

 いよいよ楽しい懇親会に入り、今年はどんな話題になるのか心配していたが、Kさん夫婦の清楚で美しい奥様のお陰で、品格のある、格調高い内容での自己紹介、近況報告となりました。

 今も新しい商品を開発し、利益を度外視し「早か事で、良か事ば、黙ってしんさい」精神で貢献、健闘している友、老後をご両親の介護に捧げる友、不治の難病で苦しいリハビリと闘っている友、等々。

 終わりに参加者全員が肩を組み、学歌、逍遥歌を高らかに。「道理は天地をも貫く」を礎に経大の益々の発展と同期生の友情、絆を深め、互いの健勝を祈りつつ、来年もまた「とりあえず会いましょう」の思いを込めての閉会となりました。経大万歳!!

世話人 廣野 義直(34回)

写真

写真