2017
 
2017年度
寄稿原稿特集

下記記事一覧をクリックすると表示いたします。

 

平成29年度アイススケート部OB総会報告
"50年ぶり、OB総会に2名のレジェンドが初参加"

アイススケート部OB会

 平成29年度アイススケート部OB総会は、7月8日(土)〜 9日(日)恒例の六甲保養荘にて開催されました。出席は18名と例年通りの人員となりました。8日18時30分、38回卒井田実幹事の開会宣言で始まり、32回卒吉本雅家会長の一年間を総括した挨拶がなされた後、総会議事に入りました。37回卒梶村貞男会計から昨年度の事業報告(現役およびOB)並びに会計報告があり全会員の承認を得ました。

 続いて今期の議題の検討に入りました。@OB会60周年総会をどうするかA弔事の取り決め B今期にて総監督を退任した梶村さんの処遇についてです。@については、来年の59周年、再来年の60周年総会は母校で開催、多くの若手に参加してもらうため土・日曜日の昼間に開催する、時期は未定。 Aについては、本人死亡の場合はすべてスケート部として弔電を打ち、その他供花・香典等は個人の配慮にゆだねる。Bについては、梶村総監督にはOB会副会長に就任していただき、今後のOB会の充実を図る。

 懇親会ではいつも通りの酒盛りで終始盛り上がりました。とくに50年ぶりに、スピードスケートの名選手であった34回卒の長田智保さん、35回卒の横田吉弘さんが初参加、過去の武勇伝を披露され、会場は50年前にタイムスリップしたような雰囲気になりました。

 学歌・逍遥歌を全員で斉唱した後、29回卒の西岡興治名誉会長の大阪一本締めで今年もめでたくお開きになりました。

スピード部監督 梶原 美英(53回)

写真