2020
 

 

初めての新年会も盛況に〜〜〜大阪市住吉支部からの報告 大阪市住吉支部

 鏡開きも終わり、もうすぐ節分です。少し遅くなりましたが、住吉支部での初めての新年会を1月26日(日)に難波で行いました。38回卒業生の吉田健三氏が社長をされている『しゃぶ扇』を使わせていただきました。

 当日は、暖かく厚手のセーターを着ていると少し汗ばむ陽気でした。JR難波駅のOCATモール5階の『しゃぶ扇 難波OCAT店』に総勢17名が集合し、13時スタートで開始しました。山本岩雄支部長のあいさつに続いて、春木洋次氏による乾杯のご発声の後、「肉と野菜の食べ放題、飲み放題」でポン酢とゴマダレの両方の味で肉や野菜を堪能しました。肉も野菜も一巡、二巡、三巡・・・とお替りを繰り返し、在学当時の経大の様子や学内試験でのくやしさなどの話をさかなに、時間の過ぎるのも忘れるほどに飲み食べ、話が弾みました。

 また、当日は大阪国際女子マラソンの開催で市内が混んでいるにもかかわらず、わざわざ社長さんに起こしいただきました。「時間を気にせず、楽しんでください」とのお心づかいをただき、一同、恐縮しました。一次会の終了後も、数名が残り、お茶漬けをいただきながら、昔の応援団の武勇伝で盛り上がり、3時間を超える新年会となりました。

 5月の支部総会への参加をお願いして、初めて開催した新年会も盛況のうちに終了しました。

橋本 稔(42回)

写真

写真

写真