2018
 

 

研修会・懇親会を開催
湊会長代行が講演
社労士大樟会

 社労士大樟会の第10回研修会・懇親会を平成30年2月3日(土)午後2時30分から本学E館7階で開催しました。

 研修会には、大学から山下一佳総務部長、大樟会から竹中亨参与、内田敏雄事務局長、税理士大樟会からは檜垣典仁会長、山本肇志専務理事、平岡彰信総務部長にご来賓としてご臨席を賜わりました。

 研修会の開催に先立ち、昨年の10月29日(日)に、くも膜下出血のため急逝された故久保太郎前会長に黙とうをささげ、会長代行の湊義朋氏(41回卒)から鋭意邁進していく旨の決意表明がありました。

 研修会は湊義朋氏(会長代行・厚生部長 41回卒)による「やさしい年金制度の伝え方」というテーマでの講演です。年金制度の現状と要点・・・働きながら受給する年金、夫婦の年金、年金を増やす方法等について解説し、ポイントについて丁寧にお話いただきました。また、神戸大学医学部付属病院主催のシンポジウムで、がん患者さんの支援に関する実践報告を担当されたご経験から、がん患者さんの就労支援と障害年金等の社会的資源の活用、障害年金のポイントについても解説していただきました。働き方改革の検討テーマである"病気の治療と仕事の両立・子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労"にも関連する内容でたいへん興味深いものでした。最後は坂口育生氏(理事 38回)からの締めくくりのご挨拶がありました。

 研修会終了後は、大樟ラウンジでの懇親会です。当会の山崎正順氏(理事 48回卒)の司会で、まずは、湊会長代行(41回卒)からの開会の挨拶です。山下総務部長から大学の動向をご披露いただき、ご多忙の中駆けつけていただいた大樟会の田村会長からは事始めに研修に取り組む意義に関連してご激励をいただきました。税理士大樟会の檜垣会長からは税理士大樟会と社労士大樟会との連携を振り返りつつ未来を展望するご挨拶をいただきました。

 次いで竹中参与の高らかな乾杯のご発声で懇親会はスタートしました。真摯な研修会から和気藹々の懇親会へ、おいしいお料理と美酒に舌鼓を打ちながら時の経つのも忘れ、大いに懇親を深めることができました。和気藹々の雰囲気の中、同窓会ならではの親睦を深めていくうちに瞬く間に時は過ぎ、飯田政信氏(理事 35回)による中締めとなりました。芸術会グリークラブOBである当会の浅香忠彦氏(46回卒)の先導で学歌を斉唱し、竹中参与のファイトあふれるエールでお開きとなりました。

 なお、社労士大樟会では引き続き会員募集を行っております。入会ご希望の方は下記までご連絡ください。

事務局長 西平 綾太(48回)

〒599-0212
大阪府阪南市自然田1915-37 西平労務事務所
TEL 072(472)2297
FAX 072(471)7226
mail:ayata@silver.ocn.ne.jp

写真
湊会長代行挨拶

写真
記念撮影