2018
 

 

頭の体操と懇親パーティ:秋のイベント報告 大阪市住吉支部

 今年度の秋のイベントは、頭の体操と懇親パーティを兼ねた懇親会としました。頭を柔らかくして、これからも元気な生活を送るために、大学で毎年開催されている学術講演会を聴講しました。第16回秋季学術講演会『黒正塾』の1回目(2018年11月10日)の席数を確保して受講しました。第16回『黒正塾』は、総合テーマ「アイルランド史への招待」と題して、2回の講演がありました。第1回目の本学経済学部教授の山本正先生の『アイルランドと「イギリス」−連合王国(United Kingdom)と帝国(Empire)のはざま−』を学生気分で聴講し、久しぶりに頭を活性化させることができました。なにかと騒がしいイギリスとその中でのアイルランドの特徴について、EU離脱後の課題にも触れながら紹介されました。聴講後は、アイルランドに旅行をしてみたくなりました。

 聴講後、場所を移してE館7階大樟ラウンジで、講演での話も交えて懇親会を持ちました。大学近くのケータリングサービスから料理とお酒を注文し、まずは、ビールでの乾杯からパーティをスタート。大学時代は、90分の講義だったけれども、今回は2時間の講演で少し疲れました、とは参加者の第一声でした。我々がイギリスと称している国は、王国の集合体であり、この集合体を形成するアイルランドは、北アイルランドとアイルランド共和国に分かれた状態となっている。宗教的な違いもあるが、これがいつになれば統一国家となるのかと、考えてしまった。EU離脱後のアイルランド共和国とイギリスの関係を注目したい、というのが大方の意見でした。

 意見交換をしながらビールをのみ、寿司をつまみながら近況報告するといった調子で、ビールの量とともに寿司やローストビーフも少しずつ減っていき、知らぬ間に窓の外に夕闇が迫り、周囲も暗くなっていました。料理もなくなり、ビールも無くなったのを潮にパーティを終了し、来年5月の支部総会での再会を約して、秋のイベントの中締めとしました。

文責:橋本 稔(42回)

写真

写真

写真

 

第2回(2018年度)総会・懇親会を開催 大阪市住吉支部

 昨年4月の設立総会から1年余りの活動の締めくくりとして第2回総会・懇親会を母校のE館7階会議室および大樟会ラウンジで開催しました。6月18日(月)の大阪北部を震源とする地震により開催も危ぶまれましたが、幸い、当日は晴天にも恵まれ予定通りに行うことができました。

 総会では、平成29年度1年間の活動報告・決算報告が、続いて平成30年度の活動案・予算案の審議が行われ、拍手をもってすべての審議事項が承認されました。当日は、来賓として大学からは理事・財務部長の横山穣氏のご臨席を賜り、2018年度の入試志願状況など大学の近況報告とともに祝辞をいただきました。お礼申し上げます。また、総会では、大学のメディアへの露出度を高め、同窓生にも分かるような形での広報をお願いしたい、等の意見も出され、大学のこれからについても意見交換される場面がありました。

 総会終了後は、会議室前の『大樟会ラウンジ』に場所を移して懇親会を行い、久しぶりに集まった大樟会員が酒を酌み交わし、近況報告や昔話に花を咲かせました。酒を飲みながら、議論を重ねるうちにアッという間に時間もたち、秋のレクリエーションや来年度の総会での再会を誓って散会となりました。

支部長 山本 岩雄(33回)

写真

写真

写真