2018
 

 

恒例の健康ハイキング 川西・川辺支部

 9月2日晴れ、恒例の街歩きを実施しました。

 コースは、能勢電鉄平野駅下車、三ツ矢サイダー発祥の地から、大阪青山大学のシンボル塩川城横を通り、大和団地の街並みを見ながら、川西市の郷土館に到着。特別展の「マンホール写真展」を鑑賞。最終能勢電鉄山下駅前にて昼食懇談し、大いに語りました。参加者10名。

支部長 竹本 勇(35回)

写真

写真

 

恒例の健康ハイキングを実施 川西・川辺支部

 平成30年1月21日(日)、新名神川西インターが昨年12月に供用開始され、そのアクセス県道川西インター線(3.3キロ)を歩きました。当日は冬にしては好天で、参加10人は、午前9時30分に能勢電鉄・山下駅前に集合。途中初詣を兼ねて見野市杵島神社、源の満仲ゆかりの頼光寺を経由しインター線に。インター線最終を折り返し、小童寺、山下恵比寿神社を訪れ総延長約11キロ歩きました。最後は元に戻って山下駅前のお好み焼き店でビールなどを飲みながら交流、地域情報・健康情報を交換し楽しいひと時を過ごしました。

支部長 竹本 勇(35回)

写真