2018
 

 

参加者増を図るため様々な工夫 神戸支部

 平成30年度支部総会は、平成30年10月13日(土)17時30分より、神戸・元町南側神戸旧居留地にあるレストラン「レニージョエル」において開催いたしました。

 今年も総会前に、元毎日新聞論説委員でジャーナリストの平野幸夫様に「最近の政経事情」と題して、ご講演をいただきました。総会には、大学から山下一佳総務部長、大樟会から進木伸次郎副会長、そして、近隣の池田支部、伊丹支部、明石支部、淡路島支部、東播磨支部からご臨席を賜り出席者は32名でした。来賓の皆様から現在の大学を取り巻く状況や卒業生の就職状況、大樟会の活動状況の報告等、心温まるご挨拶をいただきました。

 神戸支部総会は十数年前から日曜日の昼間に開催してきましたが、参加者増を図るために、一度、土曜日の夕方に開催してはどうかという声もあり、今回の開催に至りました。しかし、他の行事と重なり、参加できなかった同窓生も多く、参加者増を図ることができませんでした。懇親会は、学生時代の懐かしい話題などで盛り上がり、中ほどで、ピアノとアルトサックスの生演奏と素晴らしい歌唱力を披露していただきました。その後、恒例の抽選会を行い、最後に逍遙歌を全員で肩組み合って斉唱しました。

 来年も引き続き、総会サブタイトルに『神戸で出逢おう』を掲げ、「参加年齢層の幅の広さと充実、そして多くの女性会員の参加、並びに一人が最低一人を連れてくる」ことを目標にしたいと考えております。

 

 

支部長 正岡 健二(36回)

写真