2017
 

 

社労士大樟会第9回定期総会 社労士大樟会

 2017年7月29日(土)、社労士大樟会第10回定期総会を大学の80周年記念ホールで開催いたしました。当日は多くのご来賓、そして広島県や岡山県、高知県からも会員の方々に駆けつけていただき、大変充実した総会を開催することができました。

 総会には、大樟会本部より田村正晴会長、竹中亨参与、内田敏雄事務局長、税理士大樟会より檜垣典仁会長・山本肇志専務理事のご臨席を賜り、厚く御礼申し上げます。

 総会に先立ち、社労士大樟会久保太郎会長より、これまで幾多のご支援ご尽力を賜った関係各位への御礼と、10周年という節目に、さらなる同窓社労士の参画を得て会員数の増加の弾みとしていきたいという挨拶がありました。

 総会では会則にのっとり議長に久保会長が就き、議事録署名人に松永清彦氏、古池浩二郎氏、山内淳子氏を指名して審議を開始いたしました。そして、第1号議案:平成28年度事業報告並びに平成28年度収支決算及び監査報告承認に関する件、第2号議案:平成29年度事業計画(案)並びに平成29年度収支予算(案)承認に関する件が、それぞれ審議され、満場一致で承認されました。

 引き続き行われた記念講演では、大阪経済大学経営学部准教授 須佐淳司 先生より『インバウンド時代のサービス経営〜地域に根差した中小企業〜』と題してご講義いただきました。「地域の中小企業がインバウンドを活用した好事例をご紹介いただき、サービス分野のインバウンド市場創造の形成プロセス推進主体は中小企業の経営者である。」という大変示唆に富んだお話を頂戴いたしました。

 講演終了後に内田事務局長より、大学の奨学金制度と大樟会の支援の内容が紹介され、大樟会会員のさらなる協力の要望が披露されました。

 引き続き設立10周年記念祝賀会が開催されました。大学から佐藤武司前理事長、柏木正図書館長(情報社会学部教授)、山下一佳総務部長、税理士大樟会から平岡彰信総務部長、大樟樟政会からは西 恵司会長(大阪府会議員)、泉南支部 塩谷善一郎支部長、堺支部 堀本修支部長、阪神支部 木岡良郎支部長、池田支部 松田今朝男支部長、豊中支部 西村敏一副支部長も駆けつけてくださいました。

 久保会長からの開会の挨拶に続き、社労士大樟会設立10周年記念に大学図書館へ115冊の図書を寄贈したことを認めた目録を柏木図書館長へ贈呈させていただきました。

 次いで、佐藤前理事長、田村大樟会会長、から丁重なご挨拶を頂戴し、檜垣税理士大樟会会長の高らかな乾杯のご発声でスタートです。

 当会の飯田政信理事からは旭日双光章受章のご挨拶があり、皇居での拝謁の様子などお伺いすることができ、慶事重なる祝賀会となりました。

 時の経つのも忘れる和やかな祝賀会で、同窓の絆がいよいよ深まり、大いに盛り上がりました。締めくくりには、飯田理事による中締めが行われ、学歌、逍遥歌が斉唱される中、お開きを迎えました。

 社労士大樟会では引き続き会員の募集を行っております。入会ご希望の方は、下記までご連絡下さい。

社労士大樟会事務局長 西平綾太
〒599-0212
大阪府阪南市自然田1915-37 西平労務事務所
TEL 072(472)2297
FAX 072(471)7226
mail:ayata@silver.ocn.ne.jp

事務局長 西平 綾太(48回)

写真
設立10周年記念祝賀会記念撮影

写真
寄贈図書目録贈呈

写真
寄贈図書目録

 

社労士大樟会 飯田政信氏(35期・大阪府社会保険労務士会会長)が
春の叙勲で旭日双光章を受章!
社労士大樟会

 平成29年の春の叙勲で社労士大樟会理事 飯田政信氏(大阪府社会保険労務士会会長)が、旭日双光章を受章されました。

 飯田氏は大阪市で飯田労務事務所を経営され、企業の健全な発展と働く人々の福祉の向上に専念してこられました。それとともに大阪府社会保険労務士会中央支部支部長・大阪府社会保険労務士会副会長・大阪府社会保険労務士政治連盟会長・全国社会保険労務士会連合会理事・全国社会保険労務士会連合会副会長を歴任され労働・社会保険・年金問題等について幅広く提言を行い、政策・制度の充実に努めてこられました。平成21年には社会保険庁長官表彰、平成22年度には厚生労働大臣表彰を受賞されています。これらの実績を踏まえ、この度の受章となりました。

 去る5月11日に厚生労働省において勲記勲章の伝達を受けられ、引き続き皇居に参内、天皇陛下に拝謁され、お言葉を賜るという栄誉を受けられました。

 同氏は府下の社労士4000余名のリーダーとして、また全国社会保険労務士連合会の重鎮として、課題山積の中、労働、雇用、年金、社会保険、介護等の国民のセーフティネットを支える諸制度の充実のため、なお一層の尽力をされる決意です。

事務局長 西平 綾太(48回)

写真

 

恒例の研修会開催
―テーマはCSRについて―
社労士大樟会

 平成29年3月25日(土)午後2時30分から午後4時30分まで、大阪経済大学E館7階会議室におきまして、社労士大樟会会員酒井三雄氏(第35回卒)を講師として「CSR(企業の社会的責任)への取り組みについて」をテーマに研修会を開催いたしました。

 ライブドアの有価証券報告書への虚偽記載、不二家の食品衛生法違反、三菱自動車のリコール隠し、雪印食品の牛肉偽装などを例に出して、コンプライアンスとは、法令及び法令以外の社会におけるルールを遵守しながら利益を上げることをいい、法令以外のルールとは企業が自主規制的に守るべき行動規範で、高い倫理性を持った行動をすることである。これは、社会や会社のためだけではなく自分と自分の家族を守るためでもある。社会に迷惑をかけないように行動することが、最終的には、家族はもちろん本当に会社のためになるという理解をして行動することである。すなわち、事業主は法令を遵守することはもちろん、コンプライアンスを遵守するという社会的規範から外れない倫理観をもって行動することが求められ、先人である石田梅岩のお客様第一や、近江商人の三方よし考えや行動の教えは最も重要である、との教示をいただきました。

 その後の懇親会には、大阪経済大学から情報社会学部長の藤本寿良先生、大樟会事務局長の竹中亨氏、大樟会事務局次長の内田敏雄氏、税理士大樟会会長の檜垣典仁先生、税理士大樟会総務副会長の中坪健治先生、税理士大樟会専務理事の山本肇志先生、税理士大樟会総務部長の平岡彰信先生に年度末のご多忙中にもかかわらずご臨席を賜り盛大に開催することができました。

事務局長 西平 綾太(48回)

写真

写真

写真