2017
 

 

三重支部始まって以来の快挙 三重支部

 平成29年度大阪経済大学大樟会三重支部総会を10月21日(土)松阪市内の「和田金」において開催しました。台風21号の影響が心配されましたが台風の接近が総会より1日遅く無事に総会を開催することができました。

 総会当日は、大学より藤本理事長、大樟会本部より角脇総務部長、愛知支部より五十棲支部長のご出席を賜り、来賓を含め総勢34名での開催となりました。

 今年度の総会は、参加人数こそ、例年通りでありましたが、最大の目玉は新卒女性一人を含む20代男女の参加者が4名もあったことです。三重支部創設以来の快挙(言い過ぎ?)ではないかと思いました。私が三重支部総会に初参加した26年前から私の知る限り、特に女性の参加は、昨年の1名(吉仲常務理事)が初めてで、本年に女性の参加が2名(共に20代)あったことは今後の三重支部の発展に大きな希望となったものと思っています。

 総会では、3カ月前に理事長に就任された藤本理事長および角脇大樟会総務部長の大学の現況等のお話を聞かさせていただきました。

 昨年は、当支部の大きな活動として、大樟会本部の協力を得て、愛知、岐阜、三重の各支部が連携して大学駅伝の応援をしました。今年は残念ながら母校の出場は叶いませんでしたが、また来年以降、出場するときは何時でも応援に駆つけたいと考えています。

 今年は、五十棲愛知支部長の発案により愛知、岐阜、三重、静岡の各支部の母体であった東海支部が設立され丁度、70周年にあたることから、記念タオルを作ることになりました。大樟会本部や愛媛支部の協力も得て記念タオルは完成し総会で出席者に記念品として配布させていただきました。タオル素材は、今治タオルで吸水性も抜群なので家の外でも使用していただき是非、大経大の知名度アップを図っていただきたいと考えます。

 総会の議事終了後は、和田金の松阪肉を堪能(今年は特別に料理をグレードアップ)し各自、参加者の自己紹介や近況報告等をした後、また来年の再会を誓い、お開きとなりました。

 今後も近隣支部との活動の連携や若い世代の総会出席の促進について、より一層の努力をしていきたいと考えています。

支部長 池山 英典(57回)

写真

写真