2016
 

 

卒業生の会社訪問
創立125年「こんにゃく」から「とうふ」の伏見屋
北大阪支部

 支部恒例の卒業生が経営をされている会社訪問で、昨年9月25日(日)茨木市にある株式会社「伏見屋」を総勢24名で訪れました。この会社は44回卒業の上田憲男様が5代目の社長をされておられます。1891年創業で、今年で125周年を迎えられます。「こんにゃく」の伏見屋として北摂では有名な会社です。 

 工場周辺は元茨木川の一番上流にあたり、ゆたかな伏流水に恵まれた地で、旧茨木城の城下町です。戦国時代、山崎の戦いで明智光秀を打ち破って天下を取った豊臣秀吉が立ち寄って茶の湯を楽しんだところ。それ以降、大阪城でのお茶会にはこの水を献上させたとの逸話が残っているほどおいしい水が湧き出ます。

 1988年「こんにゃく」から「とうふ」にシフトされ、国産大豆100%に拘り、大豆本来の「甘みと香り」を生すため、地下から湧き出た「軟水」を使用し、食材本来の味を生かした「おいしい豆腐」を作っておられます。その品数も40種類に及びます。

 長年にわたりスーパー等への卸販売をしてこられましたが、一昨年、国産大豆100%の拘りからスーパー等への卸を止め、店頭と軽自動車による移動販売に切り替え、高齢者の方にもきめ細かい営業をされています。現在、24台から近いうちに100台に増車予定とのことです。

 見学は大豆から「とうふ」ができるまではもちろん、湯葉や厚揚げ等の製造過程も全て見ることができました。見学の後はできたての「とうふ」をそのまま、塩、甘い醤油で試食。また、湯葉、厚揚げ、燻製とうふ等も試食し「ヘルシーですごくおいしい」とお腹いっぱい満足の一日でした。

支部長 角野 力(41回)

写真

 

「大樟会 北大阪支部 第6回 支部総会」を開催 北大阪支部

 2016年(第6回)北大阪支部総会・懇親会は6月25日(土)、ホテル阪急エキスポパークで会員28名、来賓5名、計33名にご出席をいただき開催いたしました。当日は木村経営学部長、上田大樟会常務理事、近隣3支部の来賓をお迎えし、激励のお言葉をいただき、提出された議案は全て承認され、28年度の事業計画も賛同いただきました

 役員改選では任期途中の平田支部長が病気療養のため相談役に退かれ、不肖、私、角野が新支部長に選出されました。会員の皆様方のご支援を得、北大阪支部の継続・発展に努めたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。また、新役員(幹事)2名も加わり新体制で役員一同心を一つにし、さらなる支部活動に努力する所存でございます。ご支援の程、よろしくお願いいたします。

 総会・懇親会の後、午後7時からのガンバ大阪VS名古屋グランパスの観戦のため、吹田スタジアムへ移動、3万3千人の観衆の中、目の前でプロサッカー選手を見、サポーターの規律正しい応援には感心いたしました。試合は3対3の同点でしたが、点が入るごとに大歓声が起こっておりました。

 試合終了後、ガンバ大阪の宇佐美選手がドイツの「アウクスブルク」へ移籍のため、お別れセレモニーが開催され、「感謝」の言葉を述べられると、会場全体から大拍手が起こりました。なかなか観戦のチャンスがない中、感動の一日でした。

支部長 角野 力(41回)

 

総会後はガンバ大阪の応援に
第6回支部総会&懇親会
北大阪支部

○…6月25日(土)、吹田市のホテル阪急エキスポパークで第6回総会を開いた。出席者は会員27名、来賓6名で前回に続いて30名を超えた。今回は3つのネライがあり、一つは会員同士たまにはホテルのリッチな雰囲気に浸り、盃をあげよう。二つ目は若い人を誘うため平成24年以降の卒業生400人に当日に市立吹田サッカースタジアムで行われるサッカーJ1リーグのガンバ大阪のホームゲームの無料招待券を送った。三つ目は平田支部長の体調リセットのための支部長前倒し交代である。支部長からこれらの趣旨説明があり、皆さん心よく了承された。

○…木村俊郎経営学部長から大学の状況説明があり、2018年からの大学全入時代に向けての戦略作りが今急がれていると述べられた。議事審議では27年度活動報告、会計・監査報告が了承され、次いで28年度活動計画、予算案も一括了承された。支部長の後任には支部設立時からのメンバーの角野力(すみのつとむ=41回)さんが推薦され、満場一致で信認された。角野新支部長は「皆さんのご協力をいただき重責を果たしたい」と決意を述べた。

○…懇親会の食前酒はスパークリングワインが用意されており「スゴイナ」と思いきや、実は阪急阪神ホテルズの執行役員で千里阪急と当ホテルの総支配人をされている田岡弘志さんからのプレゼント。で、田岡さんはなんと本学49回卒の卒業生と紹介があり2度びっくり。「去年まで京都におりお世話になりました。緑豊かなこの地では"We love北摂"をキーワードに日々精進して参ります」

○…さて、ファイナルはガ大阪VS名古屋グランパスの応援。若い卒業生の参加は残念ながらなかったが、次を期そう。この試合を最後にドイツへ移籍するガ大阪の宇佐美選手に34,000人のサポーターは最後まで声援を送っていた。スタジアムを後に雨も上がった漆黒の森の向こうには、日本一の高さを誇るエキスポ観覧車が、開業を控え静かに始動していた。さぁー明日もがんばろう。

前支部長 平田 義行(31回)

写真

写真