2016
 

 

同窓会の活性化について議論集中 和歌山支部

 和歌山支部総会が、去る10月8日(土)市内のホテルで会員28人出席のもと開催されました。

 総会には、大学から橋本財務部長、同窓会から山本常務理事のお二人が来賓として出席され、とくに山本様からは大樟体育会会長としての立場から現在の各運動部の活躍等についての迫力溢れるお話があり、大いに元気づけられました。

 総会では「支部総会への出席者が回を重ねる毎に減少している」ことに議論が集中しました。支部長からは「千人の同窓生に総会の案内を出したが出欠の返事は374人からしかなかった。」こと等が報告されました。活性化の議論の中で、現在2年に一度開催の同窓会を毎年やることなどが提案され、改めて幹事会を開催して検討することにしました。

 また、役員改選については、現在の新田支部長以下全員の留任が議決されました。

 課題は残りましたが有意義な総会でした。

事務局長 西 芳男(36回)

写真