2015
 

 

第11回備後支部総会 瀬戸内の魚料理を堪能 備後支部

 本年は、同窓会設立80周年という記念すべき年にあたり、いつも福山駅前のホテルを同窓会会場として利用いたしておりましたが、会場の都合がつかなくて、色々模索した結果、沼隈半島の南端、通称『阿伏兎観音』のある『みかど別館』に決めました。 当日はあいにくの曇り空で、福山駅北口へ集合しバスで会場へ行きました。バス到着後全員で『阿伏兎観音』を拝観し、記念写真をとりました。

 『観音堂』の真下は断崖絶壁の為、最初に拝観いたしました・・・・・。今回の出席者は21名で、前回より若干増、また大学より藤本情報社会学部長、大樟会より角脇常務理事、また近隣の陰山広島支部長のご臨席を得て開会しました。恒例により、来賓二氏の学園近況報告の後、陰山広島支部長の音頭で開宴し、海の畔の、魚料理を楽しみました。今回は、今までと会員のメンバーが入れ替わり、昔話に花が咲いたようでした。

 一番の若年者は75回卒の 広島銀行福山営業本部勤務の三好孝平君でした。年々高齢化していく会員の中で若年者の参加は嬉しいものです。 最後に支部長の音頭で、学歌を歌い会を終えました。

副支部長 岡崎 正廣(37回)

写真

写真