2015
 

 

南あわじ市で支部総会開催 淡路島支部

 平成27年9月26日(土)、世界遺産登録を目指す『鳴門の渦潮』が眼下に迫るホテルニューアワジプラザ淡路島において、第25回支部総会が34名の出席のもと、盛大に開催されました。

 竹内支部長の挨拶のあと、佐藤武司理事長、春木洋次大樟会常務理事からご祝辞ならびに大学の近況報告をいただいた後、議案審議に入り全ての議案について可決承認いただき無事終了しました。

 今年は「松帆銅鐸の出土」「淳仁天皇没後1250年」と、淡路島の歴史にとって特筆すべき年でもあり、淡路地方史研究会長の武田信一先生を特別講師にお招きし、『淡路の歴史に学ぶ』と題して、記念講演会も開催いたしました。

 熱心な聴講の後、赤松副支部長より講師お礼と総会審議のお礼があり、会場を移して記念写真、懇親会。はじめに祝辞を兼ねた乾杯のご発声を、元大経大客員教授の西村康稔衆議院議員からいただき、宴たけなわの折、大樟会旗のもと円陣を組み、全員で学歌・逍遥歌の大合唱、最後に上田敬二郎大樟会常務理事より当支部発展を祈念してのお言葉をいただき、盛会のうちに閉会となりました。

榎本 輝夫(47回)

写真