2015
 

 

大樟会石川支部総会
〜能登部会主管により羽咋市内で開催〜
石川支部

 平成27年6月20日(土)午後4時より、NHKで今話題の能登の玄関口である羽咋市内のホテルゆ華(ばな)にて21名の参加で開催しました。本年は能登部会が担当し、笠間孝一さん(42期)が中心となり段取りしていただきました。開会の前に同窓生の物故者に黙祷を捧げました。

 大学本部より崎田洋一事務局長、同窓会本部より田村正晴大樟会会長、石橋隆夫福井支部長を交えての総会となりました。記念写真撮影の後、懇親会に入る。

 ここは元保養施設で、のと里山海道、また千里浜なぎさドライブウエイの出入口に近接し松林の中にあり、ゆったりとしたたたずまいの中で楽しむことができました。

 大学の現状報告、同窓会の今後の活動方針など聞かせていただきました。福井支部は今年50周年、その記念の一環として同窓生の高田 明氏の講演会への招請もありました。

 懇親会は田中治夫能登部会長(33期)の歓迎のことばの後、嵐 良隆南加賀部会長(39期)の乾杯の音頭で宴会に入り、懐かしい昔話に花を咲かせ、楽しい歓談が続きました。

 古川久次さん(34期)の詩吟で始まり、おのおの得意ののどをカラオケの伴奏で楽しく歌い、最後は高塚芳郎さん(53期)の音頭で学歌、逍遥歌を全員で高らかに歌い、能登部会古川さんの締めでお開きとなりました。

 金沢まで戻った人の中には香林坊で2次会を開き、再度盛り上がったと聞いております。なお、来年は南加賀部会の担当となります。より多くの同窓生が参集することを願うところです。

事務局長 小嶋 外志夫(38回)

写真

写真